LAW SCHOOL LIFE

進路に悩む人たちの参考になればいいな

僕が法学部に入るまで①

f:id:mackey5law:20170414095712p:plain

おはようございます。mackeyです。

 

今日からは、まずどのように進路選択したのかということをしばらく連載で書きたいと思います。不定期更新ですがよろしくお願いします。ゴリゴリの文系なのに(どちらかというと数理の才能がないだけかも)文才に恵まれておりませんが、どうかお付き合いいただければ。

 

 

 

 

中学時代は学力面での成績がそれなりに良かったので、幸運にも地元のどの学校でも選べる立場にありました。

しかもこの頃から法学部という選択肢は頭にあったんですよね。

ですから、当然進学校を選択する…

 

 

 

…のが通常ですが、このとき進路選択で最初に考えたのが

 

 

「野球部強い学校行こうかなー」

 

 

だったんですね笑

 

中学時代、学校の軟式野球部に所属していたんですが、自分の代がわりと大会でも勝ち進めるチームだったんですね。僕自身も投手として貢献していたので、けっこうやっていける自信があったんです。

だから、まず野球強いとこかな、と。

ただ、野球一本で行くにはやっぱリスクあるな、と当時中学生だったmackeyは冷静になります。そりゃそうだ。お前エースだったけど始めたの中学からだし、なぜエースになれたかというと打撃練習や守備練習の時間ほぼ全て投手の練習に勝手に振り替えてたからだし、それもあって他のポジションは絶望的に下手だし、なによりも

 

 

 

牽制できないのに投手やれんのかよ

 

 

 

と。野球を続けないんだとすれば、大学で勉強したい、と。

 

 

てことで、野球部の強い入試難関高校という

普通に考えたらありえない組み合わせ

という進路を選びました。

これ、私立高校なら偏差値高いうえに甲子園も出る、みたいな高校ありますが

「スポーツバリバリのクラス」と「勉強バリバリのクラス」分かれてるのが通常。

 

ですが、僕の地元にはあったんですよね、甲子園出場経験があって上位高でもある公立高校が。てことで受験。合格。入学。

 

 

 

 

 

さあ、先ほど、僕はリスクを考えて上位高に行ったという話をしました。

リスクヘッジはうまくいったかというと…

 

 

 

 

膝を怪我して途中で退部したためリスクヘッジが効きました(涙目)

 

 

 

 

…ちょっと長いね。もっとコンパクトに面白く文章書きたいね。勉強だね。うん。

高校時代の話と大学選択の話は次回かな。分けよう。それでは。