読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LAW SCHOOL LIFE

進路に悩む人たちの参考になればいいな

僕が法学部に入ってから②

おはようございます。mackeyです。今日からまた一週間がんばります。




さて、2年に上がってから、つまり専門科目か始まってからの話です。

2年生の間は、進路に悩み続けておりました。基本的に民間就職はあまり考えてなかったのですが、そこで考えたのが以下の3つ。

①公務員
行政に携わって都市開発やりたいなー、と。ただ、説明会回ってるうちに、なかなか能動的な仕事はそれほど多くないのかな?という感想を抱き断念(あくまで僕のイメージに過ぎません。もっと探究していればいろいろイメージも変わったかと思います)。

今思えば、なぜこのときデベロッパーという職業を知らなかったのか。本当に謎です。

②政治系の大学院進学
最後まで候補に残った進路。2年次にやっていたゼミがアメリカ政治に関するものだったんですけど、最後の論文みたいなの書くときが物凄く楽しかった…笑
研究者ありだなー、と思ったりもして、最後まで悩んでました。

法科大学院進学
結果的にこの進路を選びましたが、「一生勉強し続けなければならないとして、どの分野ならやっていけそうか」ということを考えると、大雑把に言えば法律か政治の分野でした。そして、たまたま仲の良かった法科大学院の先輩がいまして(現在は司法試験を一発合格し、弁護士として活躍されております)、その方にも背中を押されて決意を固めました。



これは勉強に限った話ではないですが、何すればいいのか迷ってる人は、なんでもいいんで何かをちょっと真剣にやってみるといいのかな。なんとなーくで取り組んでるだけでは見えてこない本質というものがあると思います。僕はそれを、勉強という分野を選択して実践しました。それがインターンでもいいと思います。趣味でもいいと思います。
そうすると進路も決めやすくなるのかな?って気がします。




とりあえず長々と自己紹介みたいなブログが続きましたが、今後は「法学部って何やるの?ロースクールって何やるの?」というところを記事にしていきたいと思います。