LAW SCHOOL LIFE

進路に悩む人たちの参考になればいいな

ごめんなさい。ただのメモ書きみたいなものです。

すごく勝手ながら、この記事だけ「誰も読んでない」前提で、頭に浮かんだことを殴り書きしていきたいと思います。ちょっと整理したくて。




欲しいのは達成感。いつから達成感を得てないだろう。そう考えると、中学以来一度も感じていないと気付く。高校は全てが失敗。大学も大学院も納得いく結果は残らず。

フレームワークを「成功体験」に設定したい。だけど繰り返す失敗のせいでそっちに引っ張られる。

今回欲しかったのも「これは受かったな」という手応え、自信、達成感。結局どうなったかというと、手応えは感じられず。

何が許せないかって、三度ともたいして手応えが変わらないこと。なにも成長してない。そりゃ点数は伸びてるだろうけど。でも「これはいけたな」って感覚がなければ、結果がいくらよくてもまぐれでしかない。

歳を取っていく。それにつれてセンター試験みたいな話を問われる一般教養はどんどん知識が抜けて点数も下がる。ということは、やはり法律で取らなきゃならない。でも、手応えは相変わらず。

1年前、結局悔しい思いが足りなかったんだろう。当時の自分に失望して仕方ない。可能ならば、1年前の自分をしばいてやりたい。今抱いてるこの感情は、自分が許せないという点に帰結する。

もし通ってたとして、まさか論文で同じ事を繰り返すのか。通ってなかったとして、4度目も繰り返すのか。繰り返すなら、もうやめたほうがいいよ。そんな意志の弱さじゃ話にならんって。社会出ても使えるわけがない。

簡単に周りに飲まれるその意志の弱さはほんと直さなきゃ人生が詰むのに。何度も自問自答してるのに、やっぱり危機感が足りてない。

悔しいね。本気で当たっても同じなんだもんね。簡単に跳ね返されてるよ。なんにも足りてないよ。どうする気なの。